五感漂流記。

明日が少し楽しみになるような、ちょっとした情報を発信しています。

ミステリー?サスペンス?はたまたコメディ?ドラマ「TRICK」ワールドの沼にハマろう

皆さん、こんにちは!モモスです。

今日は私のイチ押しドラマ「TRICK」の魅力を語ります。 

TRICK」とは

2000年に放送開始され、テレビ朝日系列放送のドラマシリーズです。

ドラマシリーズは、第1~3シリーズまであり、そのほかに2時間枠での新作スペシャルや劇場版があります。

あらすじを簡単に説明すると、自称天才美人マジシャン・山田奈緒子と自称天才物理学者・上田次郎のコンビが、超常現象や奇怪な事件に巻き込まれ、解決する様子を描くミステリードラマです。(詳しくはWikipediaを見るべし!)

おすすめポイント 

キャラが立ちすぎている

登場人物一人一人がホントに魅力的なんです。

まず、メインの二人はもちろんですが、二人が事件に遭遇するときになぜか決まって現れる刑事の矢部謙三書道家で山田の母である山田里美などなど。(詳しくはWik…以下略)

一人一人が完璧じゃなく欠点もあって、その欠点もチャーミングに映るような演出になっていて、例え犯人だったとしてもどこか憎めないような感じで愛着がわきます。

ぜひドラマを見て、お気に入りの登場人物を見つけてもらいたいです。

ちなみに私のお気に入りは、矢部刑事の初期の相棒の石原刑事です。(兄ぃ!)

くすっと笑える要素がちりばめられている

お話の本筋は、結構ミステリーやシリアスの要素が強いんですけど、ドラマを通してギャグやパロディ的要素がちりばめられているんです。

お話自体はフィクションなんですけど、出てくる村や生物の名前に実際に存在する芸能人の名前が使われていたりとか。

必ずしもハッピーエンドではない

事件を解決してハッピーエンドになるかと思いきや、実はそうでない話の方が多いんじゃないかなと思います。

結構後味が悪い回とかもあるんですけど、そこを上手く前述したようなギャグ要素で緩和しているので、後味の悪さだけが残らないというのがこのドラマの魅力だと思います。

このドラマの監督が堤幸彦監督なのですが、「TRICK」を見て好きになった方にオススメしたいのが、「ケイゾク」「SPEC」です。

どちらも堤監督作品で、雰囲気が似ているのでTRICKを好きになった人ならきっとハマるんじゃないかと思います。

最後に

さあ、「TRICK」観たくなってきました?観たくなってきたでしょう??

ハマったら抜け出せない「TRICK」ワールドへ、いざ!

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

それではまた次の記事でお会いしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▽ブログ更新はTwitterにてお知らせ

@momosmomos_870

この記事を見た方におすすめの商品

▽プライム会員になるとTRICK含む対象チャンネルが見放題に!